第29話・・・・札幌2002年末 2003年2月7日記
2005年12月28日追記
2002年12月末、小樽SKItourの翌日、札幌でBAR巡りを行った。

 まず1軒目は、『Bar Adonis』・・・2年前に行った『ラルセン』と 同じビルのBAR。
以前>銀座の『鴻之巣』でラルセンに行った話をしていたときに、 オーナーから「ラルセンも良い店だけど、同じビルの4階にも良い店あるよ。」と聞いていたところである。
 6時を少し過ぎた頃、店のドアを開ける。(客は私が最初。)
落ち着いた雰囲気を醸し出す店内。・・・これは腰をじっくりと据えたくなる。(が、あと2件ははしごする予定)
まずはダイキリを注文。
若いバーテンダー(その時は名前まで解らなかったが、HPで松田氏と判明。)がライムを絞り出す。
・・・そう、この店では注文を受けてからフレッシュ・ジュースを搾るのです。
なかなかに美味いダイキリ。
突き出しは、ロースト・ビーフ(おそらく自家製でしょう・・・これが美味いんだ!)2〜3切?とイチゴ。
次にジャック・ローズを注文。 これまた美味。
 そうこうしているうちに、オーナーの田口純一氏が登場。
店のスピーカー(なかなかいい音で鳴っていました。)を見て、
「ユニットはダイヤトーンのロクハン(直径16.5cmのフルレンジ・・銘機です)ですよね?」と聞くと、
田口氏「復刻版ですが。これ(スピーカーのこと)客の自作なんですよ。」
さらに「こちらも客の自作ですよ。」と指差す先には、温かな光を放つタマ(真空管のこと)のアンプが。
とにかくBGMのスタンダードジャズが心地よい。BARでカクテルとJAZZ・・・定番なれど、やはり最高!
その後、鴻之巣の話・・・田口氏が師事したラルセンの近藤氏(残念ながら2001年11月他界)が、 鴻巣の先代チーフの長谷川氏が「馬車屋」という店をやっていた頃お世話になって以来の縁だと伺った。
田口氏にギムレットを作ってもらう。
出てきたカクテルはグラスにすり切りまで入っている。口を近づけ一口飲むと、
田口氏「もう一口どうぞ。」と言って、シェーカーから残りの一口分を注いでくれる。 ・・・嬉しいサービスじゃありませんか。
味は、文句なし!甘みと酸味、そしてジンがベストマッチ。
 さて次は『ガス燈』(同じビルの同じフロア!)へ行こうと言うことで、会計を終えると、
(帰り際、田口氏より、鴻之巣の方に見せてくださいと、自分の記事が載っている「サントリー・クォータリー」71号を戴いた。)
バーテンダーの松田氏、ドアのところまで見送りに来てくれたと思いきや、
そのまま『ガス燈』まで案内してくれ、
さらにはドアを開け、『ガス燈』のマスターに 「東京からのお客様です。」と紹介までしてくれる。
・・・こんな経験、初めて。照れくさいやら、気恥ずかしいやら、何より嬉しいやら。

 と、言う訳で本日2軒目『ガス燈』に到着。
ドアの前の外壁には、なかなか見事な油彩がこれまた立派な額縁に納まっていた。
・・・『BARやまざき』の山崎達郎氏直筆の油彩だそうである。
チーフの小野寺保幸氏は『BARやまざき』の門下生。創業40年を越える老舗の2代目オーナー(病気療養で引退)からこの店を引き継いだそうです。
 店の雰囲気は、暖かいの一言。肩肘張らずにくつろげる雰囲気が良い。
(初めての店で、入った瞬間から、このような感覚を持つ店は珍しい。)
既に数名の客がおり、空いているカウンターの一番奥に座る。(すぐ右が窓で、南4条の通りを見下ろすことが出来る。)
ジントニックを注文。・・・これも美味い。
 それにしても何だろう、この妙にリラックスできる雰囲気は。
柔らかな照明のせい?木をふんだんに使ったバックバーやカウンター横のグラスを入れた棚のせい?
・・・それだけではない、常連客と従業員の会話の様子が、あまりにもアットホームなのだ。
ここにいる私が何の違和感も感じずにその会話を聞き、しまいには会話に加わっている始末。
ブルー・キュラソーを少し垂らしたバラライカと、客のお土産だというエストニア産のチェリー・リキュール(ご馳走になった。)、 更にアイラ・モルトを飲みすっかり満足。
・・・ここはホントにBARなのか?まるで知人宅のリビングで飲みながら談笑しているかと錯覚させる雰囲気に浸っていた。

 店を後にし、次の店に向かう前に『山頭火』でみそラーメンを食す。(このパターン、去年と同じ。)
・・・去年より味が良かったと感じたのは、気のせいか。

 本日最後の店、『BAR CAPRICE』(カプリス)へ行く。 昨年行った『BAR PROOF』と同じビルの一つ上の階。 (2005年現在、『BAR CAPRICE』は狸小路の近く、南3西5に移転して営業中)
オーナーの萱場 幸氏も『BARやまざき』の門下生。
店内は、実にシンプルな内装でやや暗めの照明と相俟って落ち着いた雰囲気。
既に1組のカップルがいた。
 カウンターに陣取り、クエルボ1800でマルガリータを頼む。・・・やはり、美味。
流石に3軒めともなると、酒量が増してきており、綺麗に立ち去るには、次がラストか。
今年の締めはモルトにしようと、ハイランドで何かお願いすると、
ザ・グレンリベットの30年が出てきた。・・・当然のごとく美味かった。
すっかり満足して店を出た。

 それにしても、札幌のこの界隈、半径100m位の場所に、
『BARやまざき』をはじめとして、その門下生の店が5軒。
他に何軒あるのか解らないほどのBAR。
正に『札幌BAR村』。各店のオーナー、従業員、そして客も含めて、居心地の良い空間が随所にある。
・・・飲むには、最高の町ですな。