カクテルの分類

 NBAオフィシャル・カクテルブックによると、カクテルは以下のように分類される。
 
広義のカクテル
 
 単一の酒類や、果汁、清涼飲料水などをそのまま飲むストレート・ドリンク(Straight Drinks)に対して、幾つかの材料を混ぜ合わせた飲料をミックス・ドリンク(Mixed Drinks)と言う。カクテルは、このミックス・ドリンク全般を指す言葉である。
一般的に、ミックス・ドリンクは次のように分類することができる。
 ・ ショート・ドリンク(Short Drinks)
  主として氷で冷やし、カクテルグラスなどの足の付いたグラスに注がれ、あまり時間をかけずに飲む飲料。
 ・ ロング・ドリンク(Long Drinks)
  タンブラーやコリンズグラスなど大型グラスに作られ、氷を入れて長く冷たい感じを持たせるコールド・ドリンク(Cold Drinks・・・サマー・ドリンクとも言う。)と、熱湯やホット・ミルク等を入れ熱い状態で飲むホット・ドリンク(Hot Drinks・・・ウィンター・ドリンクとも言う。)とがある。

狭義のカクテル
 
 上記のうち、ショート・ドリンクを指す。
各種のスピリッツ、ワイン類などに、リキュール類、果汁、卵、香辛料などをミックスし、主としてカクテルグラスに注いで作る。 
 ミックスには、シェーカー、ミキシング・グラス等を利用する。
ほとんどのものが氷で冷やされ短時間で飲まれる。(目安は10〜20分)
 また、それぞれのショート・ドリンクは、例えばマティーニなら、マティーニ・カクテル(Martini Cocktail)と”カクテル”を付けるのが正式表記だが、ほとんどの場合省略される。

・・・T.P.O.による分類・・・
カクテルは、飲む時間帯、場所、目的などによって分類することができるとされていますが、個人的には「どんなもんでしょうか?」と言う感じです。
 一応、書いておきます。
アペリティフ・・・いわゆる「食前酒」。仏語。英語ではAppetizer。
ディジェスティフ・・・いわゆる「食後酒」。仏語。英語ではAfter Dinner Cocktail。
ナイト・キャップ・カクテル・・・いわゆる「寝酒」。
クラブ・カクテル・・・ディナーでオードブルやスープの代わりに供されるカクテル。
サパー・カクテル・・・夜遅く飲む、比較的強めで辛めのカクテル。
リバイバー・・・いわゆる「迎え酒」   等々。
 大体この分類は、欧米の食習慣に基づくもので、日本にはなじみにくいし、(日本の”晩酌”や、”酒の肴”なんて考え方、大好きです。)
何よりカクテル(に限らず酒)は、いついかなる時に何を飲んでもいいんじゃないか、と言うのが持論。例えばフレンチで「アペリティフはやっぱ”キール”だよね。」なんて飲んでるよりは、自分の好きなものを飲む方が良いってもんじゃないでしょうか。